看護師の転職市場は売り手市場!

 
看護師の転職市場は売り手市場となっています。これは慢性的なもので、今後もこの状態はずっと続いていくものと思われます。現在も看護師の不足に頭を悩ませる病院等の医療機関は多く、年間を通じてずっと求人広告を出稿するなどしているところも多くあります。

医療業界全般をみると、毎年看護学校等を卒業して新たに入職される看護師の数よりも、退職されて業界を離れていく看護師のほうが多く、そのことも看護師不足に歯止めをかけられない一因となっています。また、今後日本では少子高齢化がいっそう進むといわれています。それはたしかなデータに基づいての推測であり、高齢化の進行とともに看護師のニーズは今よりもますます高まっていくことは間違いありません。また、逆に少子化が進んでいる今、看護師になろうとする方も当然現象することが見込まれるため、需要に供給が追いついていかない状態がますます顕著になっていくのではないでしょうか。

各医療機関の看護師の採用ですが、新卒者の採用はもちろんのこと、転職者の採用にも力を入れています。また、従来の採用方法とは異なり、看護師人材紹介会社を利用して求職者を集める医療機関が増えてきています。どこの病院でもそうですが、定年退職で離職される看護師よりも中途退職で病院からいなくなる看護師のほうが圧倒的に多いのです。そして、採用に関しても、新卒者の採用よりも、転職者の採用のほうがはるかに多いのです。それだけに看護師の転職は実にたやすいといえるでしょう。中には看護師資格を持っておればそれだけで採用するといった病院もあるものと思われます。ベッド数に対して必要となる看護師の人数が厚生労働省で定められていることもあり、その定員確保が必要であるといった考えもあり、よほどのことがないかぎり中途採用に応募すれば即採用されるといったケースも実に多くあります。また、現在職に就いている看護師のおよそ半数は転職経験があるというデータがあります。転職の理由はさまざまですが、簡単に他の医療機関に転職できるといった気軽さがその数字を押し上げている大きな要因になっているのではないでしょうか。いわば、看護師は引く手あまたで、転職が実に容易な仕事であるといえるのです。

PS.ここ最近では看護師人材紹介を利用した転職が人気です。